トップページ > マンションのリフォームをお考えの方へ
マンションのリフォームをお考えの方へ
マンションのリフォームをお考えの方へ
内装工事、外装工事、防水工事はアドバンにお任せ下さい
分譲マンションのような集合住宅などの場合、自分の家にあたる「共用部分」のリフォームであっても、リフォームできる内容や範囲に決まりがある場合があるので、事前の確認が必要です。
マンションは個人の資産である「専有部分」の所有権が認められており、リフォームをすることができます。
反対に「共用部分」はマンションの所有者全員が所有権をもっており、基本的にリフォームすることができません。
又、「専有部分」であってもマンションによってはリフォームに使用することができる建材や床材などが制限されている場合もあるので、事前に管理組合などに確認をしましょう。

リフォームができる箇所・できない箇所
  • 玄関ドアの外側は共用部分にあたりますので変更は難しいですが、ドアの内側は専有部分にあたるのでドアの機能に大きな変更がなければ塗替えやシートを貼るなどの変更は可能です。
  • 配管やガス管などは共有部分となりますので、変更することはできません。
  • 窓自体は共有部分のため変更することはできませんが、内側に防音などの為に二重サッシにすることは可能です。
  • ベランダ・バルコニーは避難通路などがあるため共有部分となっているため変更はできませんが、避難経路を塞がないような床材などを敷くことは可能です。
マンションの間取り変更
お部屋の間仕切りを無くしてお部屋を広く使うリフォームの場合、マンションの構造や共有部分の配管やガス管などによってできる場合とできない場合があります。
マンションを壁と床で支えているWRC造りの場合取り外すことができない壁がありますので注意が必要です。
マンションを柱と梁で支えているRC・SRC造りの場合は、配管などに注意すれば比較的自由に間取りを変更することが可能です。
新着マンション・アパート施工事例
内装と設備一新で素敵なシングルライフ
【浴室・トイレ・洗面交換 その他内装工事】施工内容 ・ユニットバス交換 ・洗面化粧台交換 ・給湯工…